ビーグレンのホワイトケアトライアルの口コミ・効果を徹底解説

ビーグレンのホワイトケアトライアルセットパッケージ

みなさん知ってました?「ほとんどの美白コスメはメラニンがしみになるのを予防するもので、今あるしみを消せる成分は少ない」ってこと。

(知っている人、結構少ないですよね!?私が知ったとき今までの美白は何だったんだ…とガッカリしたものです。) 

今あるしみを消せる成分、その1つがハイドロキノンです。 NHKの「あさイチ」でも何年か前に大反響でしたよね。

そのハイドロキノンが入っているということで、ビーグレンが美白コスメとして有名なんですね。

ビーグレンのホワイトケアトライアルセット製品アップ

ハイドロキノン配合の「QuSomeホワイトクリーム1.9」だけは、夜のみ使用するようです。

Qusome(キューソーム)による独自の浸透テクノロジーの採用で、美白成分が肌の角層の奥までさらに浸透するようになりました。
さらに効果的に、よりやさしく。
しかも繊細なハイドロキノンがさらに安定化されたってことは
もっと効きがよくなったってことですよね!?  

「アメリカ生まれのサイエンス・コスメ」っていうだけで、効き目強そうで、乾燥肌の私で大丈夫かしら・・・?と不安だったのですが、

「365日返金保証付き」
「24時間サポート」

という「何かあっても大丈夫!スキンコンサルタントが全力で対応します!」 みたいなサービスがあるので、安心して使用してみようと思います!

ビーグレンホワイトケアトライアルのボタン

Contents

しみが消えたと噂のビーグレン『ホワイトケア トライアルセット』を体験

【Step1 クレイウォッシュ(15g) 】
ビーグレンのクレイウォッシュ中身

8種類のプログラムすべてに入っているクレイウォッシュ。吸着力で泡立てずにやさしく汚れを落としてくれる天然クレイ「モンモリロナイト」配合されています。

洗い上がりの感触は水分と油分のバランスがいい感じ。スクワランが保護膜を作り出してくれるそうで、肌を触ってみるとなめらかな手触りです。

鏡を見るとどことなくくすみがなくなって透明感が出た感じ!

【Step2 QuSomeローション(20ml)
ビーグレンのQuSomeローション中身

朝晩使用の化粧水。角層を整える複数の「ペプチド」が配合されています。
少しとろみのあるローションで今まで使っていた化粧水より格段に時間が経っても感じないのが驚きです。
ベタつきもなくさっぱりしているのに保湿のみ持続する感じ。これなら一年中快適に使えそうです。

【Step3 Cセラム(5mL)】
ビーグレンのCセラム中身

朝晩使用の美容液。安心のビーグレン定番美容液です。
肌の内側から透明感を引き出してくれる「ピュアビタミンC」が7.5%の高濃度で配合されています。
肌にのせるとほんのり温かくて気持ちいい!
あらゆる肌の悩みに応えてくれる美容液という点も嬉しいんですよね。 

【Step4 QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)】
ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9

晩のみ使用のクリーム。ハイドロキノンが配合されています。
なぜ夜しか使っちゃいけないかというと、ハイドロキノンを塗って後に紫外線をあびると、ハイドロキノンの成分が変化して肌への刺激がある場合があるからだそう。

ハイドロキノンは効き目強いため、2001年までは医師の処方が必要だったのですが、薬事法改正で化粧品にも使用できるようになった成分。

ちなみに化粧品に使う場合は4%までとされていて、ビーグレンには1.9%入ってます。 (意外と低め?と思いますがQusomeテクノロジーで肌の奥深くまで浸透する仕組みです。)

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9中身

私のトライアル購入の一番の目的は、 「ハイドロキノンが肌に刺激がないかどうか?
ということを確認したい!」
 ということだったのですが、特に刺激を感じないようなので、ホッとしました。 

【Step5 QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)】 
ビーグレンのQuSomeモイスチャーリッチクリーム中身

朝晩使用のクリーム。 リッチクリームと名のるだけあって濃厚です。
でもベタつきはありません。さらりとして潤ってます。 保湿はバッチリされている感じです。

ビーグレンのしみ消し『ホワイトケア トライアルセット』を使い終わった感想

ビーグレンには代表的な3つの美白成分が入っていて本当に美白にこだわりを感じる商品だなということ。

心配だったハイドロキノンも特に刺激を感じることもなく継続使用できそうなので、ちょっとお値段は張りますが、本商品をしばらく継続して頑張ってみます!

ハイドロキノンは匂いもきついという話を聞いたのですが、特に感じなかったので気分よく使用できそうです♪

これで本当にしみが薄くなって美肌になれたら本当にすごいと思います。

ビーグレンホワイトケアトライアルのボタン

しみ・くすみ肌対策するならビーグレンのこの商品がおすすめ!

ビーグレン ホワイトケア
【商品名】 ホワイトケア トライアルセット
【価格】  1,800円 (税抜)

★シミ・くすみ・そばかす・肝斑・ニキビ跡・乾燥に効果的
★やさしくスピーディーに明るさと透明感を実感できる

【特徴】
・ビタミンCがシミをブロック
・ハイドロキノンクリーム
・エイジングケアクリーム
【商品】
・クレイウォッシュ (15g)
・QuSomeローション (20mL)
・Cセラム (5mL)
・QuSomeホワイトクリーム1.9 (5g)
・QuSomeモイスチャーリッチクリーム (7g)

ビーグレンホワイトケアトライアルのボタン

ビーグレン『ホワイトケア トライアルセット』の口コミ

ビーグレン『ホワイトケア トライアルセット』を実際に使った、20代~40代の5人の感想を集めてみました。

しみ・美白・くすみへの効果は?

26歳・普通肌

3日ほど前からしみ・そばかす対策で使用しています。
オイルクレンジング、洗顔、拭き取り化粧水後にこのトライアルセットでケアをしています。
朝までしっとり感が続き満足しています。
まだ、美白には効果が見られませんがトライアルセットは使い切ろうと思ってます!

34歳・敏感肌

30歳を過ぎた頃からしみが気になりはじめてきたので購入してみました。
しみに効果が出てきたかどうかはまだ分かりませんが、肌は明るくなりました。
保湿効果が高いのか?使用後は肌がしっとりしています。
パッケージが白でとてもおしゃれなので気に入りました。

45歳・乾燥肌

以前から美容に興味がありハイドロキノンの効果が気になり調べていたら・・・皮膚科でしか処方してもらえないと思っていたのに、ビーグレンの QuSomeホワイトトライアルセットの中にハイドロキノンが入っているのを見つけて購入してみました。
化粧水と美容液にビタミンC、アルブチンなどの美白有効成分が入っています。
翌朝には顔全体のくすみ抜け効果を実感でき、肌がワントーン明るくなって全体的にが出た感じがしました。
肌は明るくなったけど、しみが逆に目立った感じがしました。
使い続けるうちに消えていくことを期待しています。
私は、つけた後に肌に残るベタベタ感が苦手でしたが、トータルでの感想は美白効果を感じることができ良かったです。

26歳・混合肌

ハイドロキノンが美白にいいとのことで、敏感肌でも使えそうなものを探した時にトライアルを購入をしてみました。
最初は、肌に強そうだなと思うぐらいの軽い刺激がありましたが、実際には即効性があり肌がワントーン明るくなりました。
ただ、しみにはどうかな?という感じ?
美白とは別で嬉しかったは、肌がやわらかくなったことです!
まるで赤ちゃんの肌みたいになったこと。
気になたのは、ピーリング的な感じでむけて・・・
ツルツルになるので特には気にしなかったけど、刺激が強い?

34歳・混合肌

今までは同じビーグレンの毛穴トライアルしてました。
これが、かなりよかったのでホワイトトライアルも期待を込めて使っています。
ハイドロキノンが入っているクリームは、私の肌にはちょっとピリピリ感がありました。
ステップ5までやってみると、顔全体が張ってる感じがありました。
敏感肌の方には、少し刺激が強いかも・・・。

ビーグレンホワイトケアトライアルのボタン

ビーグレン『ホワイトケア トライアルセット』のアイテム説明

ビーグレン ホワイトケア
ビーグレンの『ホワイトケア トライアルセット』にはどのようなアイテムが含まれるのでしょうか。
それぞれのアイテムの特徴と効果について解説します。

ビーグレン クレイウォッシュ

ビーグレン クレイウォッシュ
微粒子の天然クレイ「モンモリロナイト」が毛穴汚れやメラニンを含む古い角質を磁石のように吸着させてくれるビーグレンの洗顔料。
必要な皮脂を取り過ぎることなく、泡では入り込めない毛穴の奥までスルスルと入り込んで、しっとりとした肌に洗い上げます。

ビーグレン QuSomeローション

ビーグレン QuSomeローション
角層のコンディションを整え、隅々まで浸透するビーグレンの化粧水。
保湿成分を長時間にわたって貯留することで長時間にわたる潤いを維持します。
美白型ビタミンC誘導体を配合。
滞りがちなターンオーバーのサイクルを助け、紫外線の影響を感じさせない透明感のある肌へ導きます。

QuSomeローションの保湿ポイントとは

うるおいが続く肌にはセラミドが多いことが特徴です。
それはセラミドが角質の細胞同士の隙間を満たし、水分を抱え込んでいる重要な成分だからです。
セラミドは外から入れても意味がありません。
保湿ケアに大切なのは3つのポイント。

  • セラミドを増やす
  • セラミドを定着させる
  • セラミドが心地よい環境を作る

QuSomeローションの保湿ポイントについて詳しく解説します。

セラミドを増やす

ビーグレン 保湿型ビタミンC誘導体
ビーグレンのQuSomeローションには最新の「保湿型ビタミンC誘導体」が含まれています。
この最新成分が肌の水分を蒸発させないために最も重要なセラミドを作り出す司令塔に働きかけます。
こうして、外から入れても意味がないセラミドを、肌の中から増やすことで長時間潤う肌に導いてくれるのです。

セラミドを定着させる

ビーグレン セラミドを定着させる成分
セラミドは、肌の中に定着してこそ、その保湿力を発揮することが出来ます。
ビーグレンのQuSomeローションに含まれる「アッケシソウエキス」と「ホメオシールド」は、セラミドを定着させるためのカギとなる細胞一つ一つを強く育てます。

セラミドが心地よい環境を作る

ビーグレン アクアタイド
ビーグレンのQuSomeローションに含まれる成分の中に細胞内を綺麗な状態に保つ成分である「アクアタイド」があります。
このアクアタイドは細胞内にある不要なものを取り除くことで、水分を多く蓄えることができるようになり、保湿力を各段に高める効果があります。

ビーグレン Cセラム

ビーグレン Cセラム
7.5%もの高濃度のピュアビタミンCをが配合されているビーグレンの美容液。
そのままでは変質しやすく浸透しにくいピュアビタミンCを独自の浸透テクノロジーであるQuSomeを採用することで、ピュアビタミンCを吸い込まれるようにして角層のすみずみまで浸透するようになりました。
水分を保持する力が低下してしまった肌の乾燥の連鎖を断ち切ってくれるだけでなく、紫外線による肌の酸化を防ぎながらメラニンの生成を抑制する効果があります。

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9
2017年6月1日にパワーアップしてリニューアルしたビーグレンの夜用クリーム。
ブライトニング成分の美白成分「ハイドロキノン」を1.9%も配合、今まで消えなかったしみを薄くするクリームです。
QuSome化されたハイドロキノンがしみトラブルの根元まで直接届いて、スピーディーに働きかけます。
同時に「初期段階でシミを作らせない」「メラニンのしみ化を防ぐ」効果がプラスされたことで、紫外線トラブルをブロックして新たな原因を作りません。

QuSomeホワイトクリーム1.9の新たなパワーとは

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9に新たなパワー成分が配合されました。
その新配合によってもたらされる新たなパワーが以下の3つ。

  • しみの原因を作らせない
  • 出来てしまったしみを薄くする
  • メラニンがしみとして現れるのを阻止する

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9の新たなパワーについて詳しく解説します。

しみの原因を作らせない

ビーグレン 美白ペプチド
新配合のオリゴペプチド-34はメラニン生成を抑制する効果が高く、美白ペプチドとも呼ばれる新成分で、シミの原因が作られないように入り口で阻止する働きがあります。
ビーグレン オリゴペプチド
そしてオリゴペプチド-68がシミ発生メカニズムを元からストップすることで、シミの原因を作りません。

出来てしまったしみを薄くする

ビーグレン ハイドロキノン
ビーグレンで高い評価を得ているハイドロキノンは、出来てしまったメラニンを薄くする漂白型の美白成分です。
ハイドロキノンには、メラノサイトそのものの活動やチロシナーゼを抑制する作用もあり、内側でしっかりとシミを攻めます。

メラニンがしみとして現れるのを阻止する

ビーグレン 最新型ビタミン誘導体
新配合のヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸は、最新型ビタミンC誘導体の一つです。
メラニンが生成されてしまい、しみの元になってしまってもそれを肌の中に閉じ込めて、しみとして肌の表面に現れないように出口で阻止してくれます。

ビーグレン QuSomeモイスチャーリッチクリーム

ビーグレン QuSomeモイスチャーリッチクリーム
ペプチドを初め、エイジングケア成分がたっぷりと配合されたビーグレンのクリームです。
濃密なクリームが、肌の表面から角層の奥深くまでじっくりと浸み渡り、高保湿を実現します。
長時間潤いに満たされたハリのある肌へ導いてくれると同時に、肌土台の70%を占めるコラーゲンを増やして太くすることで、真皮ジミ(肌深くに落ちてしまうシミ)を防ぐ効果があります。

ビーグレンホワイトケアトライアルのボタン

しみ・くすみのできるメカニズムとは

紫外線によるダメージが炎症・酸化の原因に!キーポイントは、活性酸素・MSH・メラノサイト!

活性酸素

殺菌力が強く体内で細菌やウィルスを撃退し、過剰に発生すると正常な細胞や遺伝子に攻撃する。

MSH(α-メラノサイト刺激ホルモン)

メラノサイトを刺激するホルモン

メラノサイト

メラニン色素を作る細胞

紫外線を浴びた肌
(紫外線が肌に当たると活性酸素やMSHが発生して、メラノサイトにメラニン色素を作るように指令を出す)
↓↓↓
メラニン色素が発生
(メラノサイトの中でチロシナーゼという活性酸素が活性化して、チロシンというアミノを酸化させてメラニン色素を作る)
↓↓↓
メラニンを作る
(肌が紫外線を浴び続けると炎症や酸化によってメラノサイトが活性化して、メラニンを作り続ける)
↓↓↓
シミ撃退!
(加齢や乾燥で肌のターンオーバーが乱れ、メラニン色素が排出されずに溜まってしみになる!放置しておくとしみは増え続ける。

ビーグレンホワイトケアトライアルのボタン

しみを撃退するために必要な6つのPOINT


日焼け止めの塗り忘れ・塗りムラに注意! 季節を問わず日焼けはするので、日焼け止めは塗るのが基本。抗炎症・抗酸化で着け心地のいい肌の負担の少ないものを選びましょう。汗をかいたら2~3時間おきに塗り直しをしましょう。


室内だって安心しないで・・・日焼け止めを塗りましょう 室内だからって安心しないで。光老化の原因となるUV-Aは、雲やガラスを通過して肌を直撃するので洗濯物を干すだけでも日焼け止めを塗りましょう。


活用すべきはUV対策アイテム 夏場の紫外線は、アスファルトの照り返しなど360度肌が攻撃にさらされてる!?目から入る紫外線からもメラニンが作られシミになるので、山や海へ外出の際にはサングラス・帽子でUV対策をしましょう。


日焼けをしてしまったお肌にはビタミンC+保湿 炎症・酸化を抑えビタミンC配合のアイテムを毎日のスキンケアに取り入れると焼けてしまった肌のアフターケアになります。さらに化粧水やゲルをたっぷり塗りシートマスクでパックをすれば効果的。


身体の中からケア ビタミンCたっぷりの食材をとりましょう。ビタミンCは、メラニンの生成を制御したり、活性酸素の働きを抑える作用がありコラーゲンの生成に欠かせません。


ターンオーバーを正常に保ちメラニンの排出をサポート 美白のポイントは肌のターンオーバーを正常に保ち、メラニンを含んだ角質を排出することが重要。週1~2回程度ピーリングをすることで、新陳代謝が衰えて古くなった角質を取り除くことができる。ピーリングの後は、たっぷりの保湿で肌がみずみずしく生まれ変わります。

ビーグレンホワイトケアトライアルのボタン

ビーグレンのホワイトケアは産後シミにも効果があるの?

女性の一番の悩みと言われるシミ。年をとるごとに少しずつシミが増えたり濃くなっていくのを鏡で確認するとなんともいえない気持ちになりますよね。

ところが、シミの原因は加齢だけではないんです。今、新たな悩みとして挙がっているのが
「出産をきっかけに、頬にシミができてしまった」
「産後、急にシミが増えてしまった」という声。

そうなんです。「産後シミ」という言葉をご存知でしょうか?

ここで、産後シミに悩む女性の一人、人気Youtuberの「はるにゃん」さんの1ヶ月間シミケアチャレンジ動画をご紹介します。

シミを薄くするというビーグレンの「Qusomeホワイトクリーム1.9」の効果はすごいですね。
「はるにゃん」さんの肌も、トーンが上がって透明感が出ています。

この「QuSomeホワイトクリーム1.9」は、最強美白成分「ハイドロキノン」はそのままに、新たなパワー成分配合でアップグレードしました。

価格はそのままに、美白力アップ・より効果的により肌にやさしく・繊細なハイドロキノンをさらに安定化されたことで、より産後シミへの効果が期待されますね!

ビーグレンホワイトケアトライアルのボタン

ビーグレンのトライアルセットは全部で8種類

ビーグレントライアルセット全8種類

ビーグレンの「ホワイトケア トライアルセット」の他のトライアルセットも気になる方はぜひこちらのおすすめランキングを参考にしてみてください。

こちらではビーグレン全8種類のトライアルセットに含まれるアイテムやおすすめの選び方についても紹介しています♪