詰まった毛穴の5つの対策

毛穴パックは効果的?

毛穴の汚れを取るための方法として思いつくのはテレビコマーシャルなどでよく見かけた毛穴専用パックです。 使い方としては洗顔をした清潔な肌に、毛穴パックシートを濡らして小鼻に貼ります。その後、時間をみて乾いてきたらそっとはがします。すると、毛穴に詰 まっていた角栓などがごっそり取れるというものです。

洗顔では落としきれない毛穴の汚れを取り除く事は悪くはありませんが、毛穴を無理やり広げて汚れを取っているので毛穴が広がってしまう恐れがあります。毛穴が広がってしまっては綺麗になった毛穴に再び汚れが入ってしまい毛穴が目立ってしまうかもしれません。

効 果的な方法としては、毛穴パックをする前に事前に毛穴をホットタオルなどで温め、開いておくといいでしょう。そうすれば汚れを取るときに無理やり広げられ ることもありません。また、毛穴パック後は毛穴が開いている状態なので冷水や引き締め化粧水で毛穴をキュッと引き締めましょう。

さらに、注意点としては期間をしっかりあけて毛穴パックをしてください。毛穴パックシートで角栓などの汚れを無理やり取るので少なからず小鼻に負担をかけてしまっています。また、小鼻の汚れだけでなく潤いをキープさせている角層まではがしてしまいます。

毛 穴の汚れが気になるといって毎日行っていては肌が乾燥してしまったり、紫外線を防御してくれる角層を失うことになるのでシミなどの影響を受けやすくなりま す。記載されている使用方法などをよく読んだ上で毛穴パックをすれば、毛穴の汚れを取り除き徐々に毛穴を目立たなくさせることができます。

毛穴にはクレイパックがオススメ

毛 穴パックは酵素洗顔やピーリングケアをしていてもザラつきが気になる時に効果的です。しかし、よく見かける毛穴のシートパックは目に見えて角栓が取れるの がわかるので病みつきになってしまうかもしれませんが、肌への刺激が強すぎるので頻繁な使用は毛穴を広げてしまう可能性も出てきてしまいます。

それでも毛穴の汚れが気になるのであれば、毛穴のシートパックよりもクレイパックが断然オススメです。刺激が少なく、肌への負担も軽減しながらも洗顔で落としきれない汚れを吸着してくれるクレイパックは毛穴ケアに効果的です。

ク レイパックのクレイとは泥や粘土のことでその成分としてはシリカやマグネシウム鉄分、カリウム、ナトリウムで粘土や泥の粘着性による吸着力の高さが特徴的 です。この吸着力により、くすみの原因である古い角質や毛穴につまった汚れを取り去り、肌の色をワントーン明るくしてくれる効果も期待できます。

またミネラル成分が肌に浸透していくので肌細胞を活性化してくれる効果もあります。市販で売られているクレイパックの使い方はクレイが固形状になっている物は水である程度の硬さになるまで混ぜます。

そ の時に、水をかけて放置しておくと自然に水を吸収し、柔らかくなっていくので使うときは水をかけて待つだけです。その後、目と口周りを避け顔全体にクレイ パックをし、5〜10分程度置きます。カチカチに固まる直前くらいになったところでぬるま湯でこすらないように洗い流しましょう。

吸着力や粘着性があるのでスルッと洗い流すことはできません。しかし、洗い流した後の肌を触ってみるとそのツルツル感に感激することでしょう。毛穴ケアには肌に優しいクレイパックがオススメです。

毛穴対策にピーリングしてみる?

毛穴につまった汚れを取り除くには毎日の洗顔や週に2〜3回のパックなどは効果的ですが、それでも毛穴のザラつきや汚れが気になるという方にはピーリングケアがいいかもしれません。

ピーリングをすることで毛穴の詰まりを解消していく効果はもちろん、老化してたるんでくるたるみ毛穴にも効果的な方法です。ピーリングとは古い角質を取り除き、細胞の活性化をしてくれる角質ケアの一つです。

古い角質が溜まっていると、新しい細胞が肌の奥から出てくることができません。本来は一定の周期で古い角質も剥がれ落ちていきますが、生活習慣や食生活、ストレスなどさまざまな原因によってその周期が乱れてしまい古い角質が肌表面に残ったままになってしまいます。

この古い角質は毛穴の詰まりの原因にもなり、肌表面をごわつかせたり、乾燥させたりします。そこで、ピーリングをすることでピーリングのもつ酸の力でこの不要な角質を溶かし、除去していくのです。

ま た、ピーリングには古い角質除去の他に、真皮のコラーゲンを増やす作用もあることから毛穴の詰まり、そしてたるみの原因となるコラーゲン不足も防ぐことが できるのです。自分で行うピーリングにはいくつか種類や方法がありますが、オススメは剥がすタイプのものではなく、洗い流すタイプのピーリングをオススメ します。

その方が肌への刺激の強さを和らげることができ、負担が少ないからです。ドラッグストアで販売されているピーリング剤を選ぶときは 洗い流すタイプのものを選び、使用方法を守って毛穴ケアをしていきましょう。古い角質が取れれば毛穴の汚れもなくなり毛穴が目立たなくなっていくでしょ う。

毛穴ケアに酵素洗顔?

毛穴ケアの中でも皮膚表面の汚れが毛穴に詰まってしまう「詰まり毛穴」にはスペシャルなケアではなく、日々の皮膚表面の汚れを毎日しっかりと取り除いていくことがとても大切になってきます。

詰まり毛穴は過剰な皮脂の分泌と剥がれ落ちきれない古い角質が主な原因で起こります。これら過剰な皮脂と古い角質を毎日の洗顔でしっかりと皮膚表面から取り去っていくことこそ詰まり毛穴に効果的なケアといえます。

使う石鹸や洗顔アイテムは潤いたっぷりの洗い上がりがしっとりするようなものではなく、さっぱりとしたものの方がオススメです。また、固形石鹸には余計なものが入っていないのでさっぱりタイプの固形石鹸を使ってみてください。

朝は寝ている間にも皮脂が出ているので毛穴の詰まりが気になるのであればしっかりと洗顔していく必要があります。また、夜はメイクを落としたあと、洗顔することで日中の汚れを落としていきます。

固形石鹸での毎日の洗顔でも詰まり毛穴が気になるのであれば酵素洗顔料を使ってみましょう。酵素洗顔には古い角質を除去してくれるさようがあります。古い角質を剥がれやすくしてくれることで穏やかに毛穴の詰まりを取り去っていくことができるということです。

詰 まり毛穴は皮脂と古い角質が正体です。皮脂を取り除いても改善されない時は酵素洗顔で古い角質を取り除き、毛穴の詰まりを解消していきましょう。酵素洗顔 はドラッグストアでも販売しているので気軽に手に入れることができます。普段の洗顔プラス週2〜3回のペースで酵素洗顔を取り入れてみましょう。

詰まらせないために予防をはじめよう

老化にしてもなんにしても起こることをあらかじめ防ぐことはとても大切です。起こってから対処するのとあらかじめ予防しておくのとでは起きてからの対処時間やコスト、手間が格段に違ってくるからです。

また、事前に予防しておくことで予期していたことが起こらずに済むこともあります。毛穴に関しても同様に毛穴が気になる前にケアを始めておけば毛穴を黒い、開いている、たるんでいるといって悩むことはなくなるのです。

毛穴に詰まった角質や皮脂は角栓となり体にとっては不要なものとなります。この角栓を取り除くにはクレンジングをしてもなかなか取れにくいことから角栓を作らないことがとても重要になります。

では毛穴の詰まりを予防するとはどのようなことをすればいいのでしょうか。毛穴の詰まりは毛穴のなかの皮脂腺からでる皮脂と角質です。特に顔は体と比較して皮脂腺が大きく、皮脂分泌が盛んなのでこまめな皮脂吸収が重要です。

メ イク直しの時に脂取り紙を使っている方もいるかもしれませんが、脂取り紙は必要以上の皮脂を取り除いてしまいます、必要以上の皮脂を除去してしまうと肌を 保護する皮脂をさらに分泌するので、テカリが気になるときはティッシュやコットンで軽く押さえるようにして皮脂を取り除きましょう。

またこのようなこまめな皮脂を除去していくことは脂の酸化防止にもつながり、老化防止にもつながります。また、過剰な皮脂分泌を抑えるには紫外線対策も有効です。紫外線と気温は皮脂の分泌を促す大きな要因です。

夏場は特にこまめな日焼け止めの塗り直し、そして一年を通して紫外線対策をすることは毛穴ケアにもつながっていきます。簡単にできることからはじめ、毛穴に詰まらせないよう今日から早速対策をはじめていきましょう。

2015年4月15日 詰まった毛穴の5つの対策 はコメントを受け付けていません。 スキンケア特集