毛穴が気になるのはどうして?5つの疑問

毛穴が開いていると目立つ!

毛穴が気になるのはどうしてでしょうか。毛穴が開いてしまっているから?毛穴がたるんでしまっているから?毛穴に汚れが詰まっているから?そもそも「毛穴」は穴なので凹んでいます。そのため、影になり目立ちやすくなっているのです。

それでも毛穴がないんじゃないかと思うほど毛穴が目立たない人っていますよね。毛穴が目立つかどうかは毛穴の大きさ、毛穴の開きに左右されます。毛穴の大きさは遺伝的要因が多く、もともと生まれ持った毛穴の大きさなのでそこから小さくすることはできません。

毛穴の大きさは男性ホルモンの量にも左右されます。量が多ければ皮脂腺も毛穴も大きくなります。また、毛穴が目立たなくても毛穴ケアとして毛穴シートパックなどを頻繁に行っていると毛穴を無理やり大きくしてしまう可能性もあります。

毛穴の開きが気になるのはもともと皮脂腺が大きく脂性肌の人に多く見られます。毛穴が開いているとそこに汚れが溜まりやすくなり、過剰な皮脂や角質が溜まり毛穴が目立ってしまいます。毛穴の開きは汚れをためてしまい、黒ずみ、角栓をつくりブツブツ、ザラザラな肌になってしまいます。

毛穴を目立たせないためには間違った毛穴ケアではなく、正しいケアをしていきましょう。皮脂の過剰分泌やターンオーバーの乱れにより、毛穴を目立たせてしまうのでまずは肌状態を改善していくことが重要です。

そのためには食事や日頃の生活習慣、スキンケアを改めて見直してみてください。脂っこい食事や不規則な時間に食事していませんか?皮脂を取り除くためにゴシゴシと肌を擦ったりしていませんか?あなたの何気ない習慣が毛穴を目立たせているかもしれません。

毛穴を気にする前に肌がボロボロになってない?

毛穴は誰にでもあるもの。しかし、毛穴が気にならない人もいればイチゴのような毛穴に悩んでいる人もいます。毛穴が目立つ原因はいくつかあります。たとえば、乾燥は毛穴が目立つ理由の一つです。

そして、ターンオーバーの乱れも挙げられます。遺伝により毛穴が開いているということもありますが、毛穴が開いていても汚れが溜まらないようにしていくことで目立たなくしていくことはできます。肌の乾燥は肌内部の乾燥でもあります。皮膚表面の肌状況は内部を表す鏡のようなものです。

毛穴がひどく目立つようなときは肌内部が健やかではない証拠です。それは潤い不足であったり、ハリや弾力となる栄養素が不足しているからであったり、もしくは肌の生まれ変わりが不規則な生活習慣などによって遅れたり早くなりすぎたりして細胞がうまく入れ替わることができていないといったことが考えられます。

このように、健康な肌コンディションでないときに毛穴が気になるからといってピーリングや毛穴パック、皮脂の過剰分泌をどうにかしようと熱いお湯で洗顔したり、肌をゴシゴシこすったりしていると、改善どころか余計に毛穴に汚れを溜め込ませたり、肌を傷めてしまうことになります。

毛穴が目立ってしまってどうしようもないと悩んでいる方はまずは毛穴に目を向けるのではなく、肌そのもののコンディションを整えましょう。食事でビタミン類が摂取しにくい場合はサプリメントで効率良く補ってみてください。

そして、潤い成分「セラミド」が配合されたスキンケアアイテムを使いましょう。肌内部の細胞に水分を与えキープさせることで乾燥状態が少しずつ改善されていきます。そうすれば、ターンオーバーのサイクルも正常化していき毛穴の詰まりも解消されていきます。

そして毛穴は黒ずむ

毛穴は毛のための穴なので毛で黒く見えることがあります。一度、カミソリで顔の産毛処理をしてみると肌のトーンが明るくなり、黒ずみが気にならなくなるでしょう。また、他にも毛穴が黒ずんで見える理由の一つとして色素沈着があります。

毛穴が集中するTゾーンである小鼻は顔のパーツの中でも突出しています。そのため、紫外線を他のパーツよりも浴びやすい傾向があります。肌が日焼けしたらメラニン色素が生成されて黒くなっていくように毛穴も紫外線を浴びると黒くなってしまうものなのです。

毛穴の黒ずみは角栓が毛穴に詰まっていたりしても起きますが、毛穴に汚れが詰まっていないのに黒ずみがきになる場合は毛穴の色素沈着の可能性があります。色素沈着した毛穴の黒ずみには肌のシミ予防と同様に美白化粧アイテムを使うと効果的です。

洗顔時に洗顔料と重曹を混ぜて洗うことで重曹が毛穴の皮脂よごれや皮膚を柔らかくする働きもあるので毛穴ケアには効果的です。また紫外線対策も大切です。日焼け止めのこまめな塗り直しが毛穴の黒ずみ予防にもなるので、特に紫外線量の多い時期は塗り直しを意識するようにしましょう。

また、黒ずんで見える理由は影をつくっていることにもあります。特に年齢を重ねていくと肌の老化により、コラーゲンの生成量が減少していきハリや弾力が失われてきます。そうすると毛穴を支えている肌の土台部分がヨボヨボになり、毛穴そのものがたるんで毛穴に影を作ってしまうのです。

汚れが詰まっていなくても紫外線対策をバッチリしていても毛穴が黒ずんでしまうこともあるのです。毛穴ケアは肌の老化対策でもあります。まずは肌のコンディションを整えていくことから毛穴ケアを始めていきましょう。

毛穴に角栓が出来てる?

よく毛穴に汚れが詰まっているということを聞きますが、その汚れの正体は一体に何かご存知ですか?毛穴の汚れの70%は角質です。そして、残りの30%が皮脂です。これらは肌に不必要なものであり、よく「角栓」と総称されます。

毛穴の汚れは角栓が詰まっているために黒ずんだりして毛穴を目立たせてしまっているのです。本来、角質はある周期ごとに生まれ変わるので古い角質は徐々に皮膚表面まで押し上げられ、剥がれ落ちていきます。

しかし、外部の刺激や不規則な生活習慣などにより、その周期は乱れてしまい、早まったり遅くなったりしてしまいます。その結果、不必要な角質は肌表面に残ったままになり、角栓となったり、くすみの原因となったりと肌にとって悪影響をもたらします。毛穴の角栓が体にとって不要なものであり、排泄物なので取り去っても構いません。

毛穴のシートパックやクレイパック、ピーリングなどで角栓を除去することもできます。しかし、無理やり爪で角栓を出すことはやめましょう。肌を傷つけることになり、肌に炎症を起こしてしまいます。

清潔な手で必要に応じて角栓を取り除くようにしましょう。また角栓の3割である皮脂は過剰に出ている皮脂です。角栓とならないためにもテカリが気になったらこまめにオフし、肌に皮脂を放置しないようにしましょう。

放置し続けると、皮脂は参加してしまい、肌の老化を早めてしまうことにもなります。毛穴の角栓は肌のコンディションを整えることで皮脂の分泌バランスもターンオーバーも正常になり、毛穴に汚れがたまらないようになります。

毛穴が目立ってしまってませんか?

目立った毛穴はほとんど肌の乾燥が原因です。それにより、皮脂の過剰分泌やターンオーバーの乱れ、そして肌老化が進んでいきます。肌が乾燥により弱くなっているのでそれを守ろうと角質が厚くなり、そうなると皮膚表面がゴワつきます。

そして硬くなり肌の生まれ変わりのサイクルを乱してしまいます。本来細胞が新しく肌の奥から出てきますが、古い角質がはがれ落ちてくれないと新しい細胞の場所がないため、細胞が作られません。

そうすると新陳代謝も低下していき肌の元気がなくなり皮脂のコントロールもできなくなります。あなたの悩みのその毛穴はその状態をあなたに伝えようとしています。しかし、肌が弱まっている状態なのにピーリングケアやあぶらとり紙で必要以上の皮脂を取りすぎたり、熱い温度でのクレンジングや洗顔を行っていると余計に肌へのダメージを与えてしまいます。

毛穴が気になっているのならそれ以上のダメージを与えないことです。日焼け止め対策、そして洗顔を見直してみてください。しっかりとそして丁寧にケアしていくことで肌のコンディションを整えていきましょう。

毛穴ケアは過剰にケアしていくのではなく、これまでのスキンケアや生活習慣を見直してみてケア方法をシンプルにしてみてください。そして、なにより、「気にしすぎ」に気をつけましょう。気になるとどうしてもそのことを考えてしまいます。

毛穴が気になるのは気にしすぎていることもあります。毛穴の汚れをしっかりと取り除き保湿を行う。とてもシンプルなケア方法です。目立った毛穴はきっと改善できます。

2015年4月27日 毛穴が気になるのはどうして?5つの疑問 はコメントを受け付けていません。 スキンケア特集